愛車 ビートル

投稿日時 2018-3-16 6:12:32 | トピック: まい畑

私たちの愛車ビーちゃん 11万キロ走行した。平成17年3月から乗っている。仙台のフォルクスワーゲン正規ディラーのもとに車検に向かった。診断の結果は、オイルゲージ、冷却キャップ、電気扇動ファン、エンジンルーム、燃料パイプ、ブレーキパット、ウインカー球交換、バッテリー本体、燃料フィルター、マフラー取付、ゴムブーツ、ベルト、左右ヘットライトパッキン、排気ガスセンサー、前ブレーキと16カ所の部品交換が必要で、その見積額は75万円という。しかも、車検を通すだけで、まだまだ交換しなければならない部分が出るとのこと。これでは車検の費用とは考えにくい。
 ああぁ こんなにも早く愛車を手放すことになるなんて。もう二度とビーちゃんと出かけることができない。
 廃車の決心をしてから、ビーちゃんの所在について、あれこれ思う。庭の隅にでもおいておこうか。そうすれば、さみしくはない・・・・。でも、終活に向かう私たちだもの、これ以上思い出の品を持ち続けることはやめよう。かわいいビーちゃんが雨風で朽ち果てていくのを見るのも残酷だ。
 もしかしたら、東南アジアの方にでも輸出されて、よみがえって、あのグリーンのかわいい車が走っているかもしれない。きっとそうに違いない。そうあってほしい。
 ビーちゃんは私たちの思い出の中に生き続けていくね。ビーちゃん、いろんなとこに連れて行ってくれたよね。
 ビーちゃん、いつも一緒だったのに、今までホントにありがとう。わすれないよ。  あああぁ 涙が止まらない



テクノ・シードリングにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.t-seedling.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.t-seedling.com/article.php?storyid=225