[ 新規登録 ]
ホーム |  最新情報 |  FAQ |  リンク集 |  お勧め本 |  カレンダー |  お問い合せ
メインメニュー
マイアルバム
お取引について
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» 園芸用語

目次


接木
接ぎ木(つぎき、英語:grafting)とは、異なる2個体の植物体を、人為的に作った切断面で繋げて、1つの個体とすることである。このとき、上部にする植物体を穂木、下部にする植物体を台木という。遺伝的に異なる部分から構成されている個体を作る技術である。国際花と緑の博覧会で展示されたトマピーナも接ぎ木により作られた。
美男茄子
●生でも美味しい!!水も滴たる美男茄子!!
●草勢は旺盛で、半開帳型です。
●果形は中長系で、目的によって小ナス〜中ナスまで収穫できます。果肉はみず茄子特有のみずみずしさと柔らかさを持ち、浅漬け用、生食用に最適です。
●果色は光沢に富み、ボケ茄子果の発生は少ないです。
●みず茄子の中では着果数が多いので、露地長期栽培に好適です。

トルバム
正式には「トルバム・ビガー」という品種名があります。植物和名はスズメナスビ、学名はSolanum torvumです。種子が小さく、初期生育は緩慢ですが、後半の生育は極めて旺盛です。果実は直径1.5cmくらい。日本では着果し難く、寒さに弱いため、自生していませんが、熱帯、亜熱帯では良く見かけられます。


Powered by XOOPS Copyright(C)テクノシードリング 2001-2006茄子博士のよっさん